Eriスレ!【5G +ワクチン=突然死について】

about cabal
5Gとワクチン~突然死について~

動画作成  Q Army Japan Flynn 隊員  世界はこんなに自由さん。

隊員のTwitterへ YouTubeへ。

5Gは免疫系を弱めウイルスを変異させるため、5Gの普及により、人々は普通の風邪でも死に至りやすくなる。

5G放射線(コロナと呼ばれている)は、血流中の金属塊を介して突然死を引き起こす可能性があるのだ。 引用ツイート

5Gは、体内の金属を移動させる。

世界を支配してきた人口削減推進者たちが、長年コツコツと一般市民に意図的に散布してきたケムトレイルや、歯の詰め物、そして何よりも ”ワクチン”という兵器によって私たちは、体に水銀やアルミニウムを日々溜め込んできた。

#Q

@realDonaldTrump

@intheMatrixxx

水銀とアルミニウムの2つの金属が互いに接触すると、一部の人々に突然死を引き起こす。

ワクチン接種により、水銀とアルミニウムは肺/心臓/脳を含む臓器の組織に蓄積されてきた。

5Gの影響でそれらは互いに結合して反応し、金属塊を形成する。

#AskTheQ

中国のコロナウィルス感染者たちには、それが肺動脈/冠動脈/大脳動脈にあるかどうかにかかわらず、肺塞栓症/心臓発作/脳卒中と、血栓による塞栓の症状がみられた。

犠牲者はまた、姿勢の変形と痙攣による外傷性脳損傷であったことが確認されている。

上記の塞栓症のそれぞれは、アリよりも小さい血栓によって引き起こされた可能性がある。

では、金属塊が身体にどうやって影響を及ぼすのか?

例えば、50歳まで毎年真面目にインフルエンザワクチンの予防接種を受けてきた場合、1回当たり0.25 mcgの水銀が×50回で計12.5 mg蓄積。

さらにケムトレイルから降り注いだアルミニウムも、大量に体内に蓄積している…さて、金属塊はどのくらいの大きさになるだろうか?

その金属塊は脳に突き刺さり、脳の損傷/姿勢の変形/痙攣、そして突然死を引き起こす可能性がある。

それはまるで、頭蓋骨の内側から銃弾を受けるようなものだ。

一部の人は普通の風邪からいつも通り回復したが、他の、免疫システムがマイクロ波と変異ウィルスに敏感な犠牲者が死に至るまでの期間は、長期化している。

コロナウィルスの犠牲者の突然死は、姿勢の変形と痙攣および/または、肺/心臓/脳塞栓症の突然死と同じ特徴を持つ。

これは血管、肺、脳、心臓などの臓器の金属塊、場合によっては巨大な金属塊が原因である。

これら全てに更に5Gが加わると、脳と心臓の電気系統に混乱を引き起こし、突然死を引き起こす可能性が強まる。

また、5Gにより空気中の磁性流体も体内に入りやすくなることが考えられている。

磁性流体とは、流体でありながら磁性を帯び砂鉄のように磁石に吸い寄せられる性質を持つ、磁気と周波数によって制御可能な流体金属のこと。

5Gが普及すれば、周波数60Ghzで操作された磁性流体を 酸素のように吸い込むことになるだろう。

#QArmyJapanFlynn

#WhoIsQ

関連

コメント

タイトルとURLをコピーしました