日本への原子爆弾の投下|真相を検証|QAJF|

about cabal

このツイートをTwitterで開く  みんなもRTや拡散してくれよな(‘ω’)ノ

①原発投下時に飛行していた日本人パイロットは飛行機を見ていないと証言。

②原爆の本当の発明者は日本人、特許も持っている。

③原爆は活性化するのに多くの水を必要としましたが、彼らは飛行機でそれを運ぶほどの技術はありませんでした。

④原爆の大きさ…「ファットマン」と「リトルボーイ」はB-29飛行機の穴を通り抜けることができませんでした。

👇B-29の内部「ファットマン」を落とすのは不可能です。

⑤自分の財産は爆弾を仕掛けるために使用されたと言う人々がいます。

他にも…

第二次世界大戦中、政府による秘密の人間実験が行われ、「Unit731」と呼ばれていました。

もちろん、それは日本の天皇によって指示されました…

新しい爆弾を犠牲にしてテストすることは、日本の隠れキリシタンの殺害であったかもしれません(広島と長崎は当時クリスチャンの人口の大部分でした)。

爆発は空中ではなく床で起こった可能性があります。 そして、主犯は米国ではなく日本の天皇だったのかもしれません。 それが私たちが日本で話していることです。まだ証拠を収集しています。

これを明らかにしている人々は、一人ずつ殺害されます…

だから、この理論はITかもしれません。 日本政府による日本の大量殺人。

そうでないかもしれない。ちょうど別の理論。

そして、この話は本当に不気味です。

なぜなら、核兵器の開発は日本企業であるチッソによってNKでまだ秘密裏に行われていると彼らは言うからです。

チッソって何だか覚えてる? チッソは50年前に水銀中毒で麻痺して多くの日本人を殺害した会社です。

チッソは江頭豊の会社です。
江頭豊は江田(部落)のリーダーであり、部落は主にヤクザの血統の人々です。
江頭豊の孫娘は誰?

マサコです。 私たちの新しい皇后。

雅子は江頭豊の孫娘であり、凶悪な日韓カルト創価学会の第一人者である池田大作の可能性のある娘です。 さて、私はすぐにここに出かけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました