Eriスレ!【”人間狩り”を趣味としてきたカバールたち】

about cabal

[人間狩り] “Hunters become the HUNTED.”(ハンターが今や獲物に) “Happy Hunting!”(狩りは楽しいな!) といった表現をQmapでは何度も見かけます。

これは文字通り “人間狩り”を趣味としてきたカバールたちへの、Qからの当てつけの言葉です。

@GenFlynn

#QarmyJapanFlynn

Royals Hunting Children For Sport

アンドリュー王子のエプスタイン疑惑など、英国王室が児童人身売買/殺人/人肉食疑惑で大騒ぎになっているため、英国王室のハリー王子は妻のメーガン王妃(♂)に対するバッシングを理由にカナダに移住を考えている。

当然彼ら自身も犯罪者であり、今後英国政府と王室に対する訴追は免れない。

@GenFlynn

毎年恒例の欧州ロイヤルファミリーによる“人間狩り”について、5人の国際判事により長年捜査が行われてきたが、その恐ろしい内容が徐々に明らかになってきた。

児童レイプ/拷問/殺人/誘拐が、第九サークル悪魔教カルトのエリートメンバーらによって行われてきたのだ。

@StormIsUponUs

それらはバチカン・カトリック大聖堂の地下墓地やベルギー/オランダ/スペイン/豪/アイルランド/仏/英/米政府の軍用基地で開催され、34箇所の子供たちの埋葬地がアイルランド/スペイン/カナダて見つかっていたが、それらの政府/カトリック教会/英国王室らは調査の為に遺体を掘り返す事を拒んだという。

ローマ法王フランシス、ベネディクト16世、カナダ教会連合、枢機卿メンバーを含むカトリック教会幹部、その他、エリザベス女王やフィリップ王子を含む欧州の王侯貴族たち、カナダ/豪/英/米政府や軍の高官、アメリカCIAエージェント、大企業の役員らが 第九サークル悪魔教の活動を行なってきた。

ブリュッセルの国際裁判所における目撃者の証言によると、欧州王族らグローバルエリートにより、10代の若者が麻薬漬けにされ裸にされレイプ され、森に放されてハンティングの標的にされたという。

前オランダの麻薬組織”Octopus”に所属していたある女性の証言:

“2004年に開催された ベルギー/オランダの青少年矯正所から連れてこられた14-16歳の若者の人間狩りパーティに参加させられました。

若者らは麻薬漬けにされ/狩られ/レイプされ/殺されました。

ベルギーのアルバート王も参加しており そのパーティは王室警備員が厳重に警備していました”

@intheMatrixxx

その他、4人の証言者の話では、子供たち自身も人間狩りパーティに参加させられ、他の子供たちの狩りをさせられたという。

エリートらが狩った子供達はレイプされ、殺され、遺体からは性器が切り取られ、剥製にされてオランダの田舎にある宮殿の壁に飾られているという。

#QArmyJapanFlynn

いくつかの人間狩りパーティは、オランダのベアトリクス女王宮殿の庭で行われていた。オランダのセラピスト、トゥーズ・ニジツイーツは 彼女が4歳の時、フランスのある城で、前ローマ法王・ベネディクト16世、オランダのカトリック枢機卿や神父、ベアトリクス女王、

ビルダーバーグ会議創立者のオランダ王子アルフレッド・バーナードらが子供たちを殺害する様子を見学させられたと証言した。

”1987年秋、フランスの館で前ローマ法王のベネディクト16世らが少女を殺害するのを目撃しました。

恐ろしい光家でしたが、それは1度ではなく何度も行われました”

@GenFlynn

1964年10月、カナダ・ブリティッシュコロンビア・モーホークの寄宿学校の10人の子供達が行方不明になりその遺体が2008年に見つかった。

カトリック教会とカナダ政府、英国王室は考古学者による遺体調査をとりやめさせたが2013年、国際司法裁判所は英国エリザベス女王とフィリップ王子が

…子供達の行方不明に関与したとの有罪判決を下した。

2014年の法廷証言により、オランダ/ベルギー王族、バーナード王子およびオランダ・ヘンドリック王の妻ウィヘルミナが、この人間狩りパーティ/児童および新生児に対するレイプ/殺害に関わっていたことが明らかになった。

@StormIsUponUs

また、オランダ国王の弟 故・ジョン・フリゾ王子とその妻メーベル・リース・シュミット、前閣僚やオランダ軍トップ、オランダ・ロッドヴァン州次官、ベアトリクス女王の代理、その他 世界中のビジネス/政治リーダーたち、さらにはオランダ・アレクサンダー国王が、この時の人間狩りパーティに

…参加していたと証言されている。

ベルギー王フィリップ王子とその妻達は、子供達への虐待や殺害を知っていながらその犯罪を止めようとしなかったどころか、捜査と訴追をやめさせようとしていたとみられる。

オランダ王の弟のジョン・フリゾ王子は、ウエブサイトで 人間狩りパーティに

参加していたという事実が暴露され その後死因不明で亡くなった。

目撃者の話によるとこの暴露話は事件発生後何年もかけて政治と司法省を犯罪者糾弾のために動かそうとする働きかけの末、実現したという。

オランダのベアトリクス女王とアレクサンダー王が捜査を妨害していたため、今まで王室の犯罪は

誰にも止めることができなかったからだ。

ベアトリクス女王がオランダに所有する宮殿の庭で開催されていた人間狩りパーティには、前ローマ法王のベネディクト16世とベアトリクス女王の亡き父、アルフレッド・バーナードが子供生贄儀式に参加していた。

二人ともナチス支持者だった。

#QAnon

国際司法裁判所は、”暗黒の騎士”として知られるイエズス会の悪魔崇拝子供生贄カルトを調査した膨大な資料を受け取った。

“暗黒の騎士”は、1933年にカトリックイエズス会とナチス武装親衛隊によって設立された。

記録によると 前ローマ法王のベネディクト16世は、

ドイツのレーヴンブルック強制収容所に勤務し、チャールズ・チャップリンの助手を務める傍ら、”暗黒の騎士”としても活動をしており、キャンプから誘拐した子供達や政治犯囚人らを生贄に捧げていた。

子供生贄儀式は、バチカンでは日常茶飯事だった。

#QArmyJapanFlynn

#WWG1WGA_WORLDWIDE

当時若干12歳だったサンディエゴ在住のスヴァリは、バチカンの地下墓地に連れて行かれ、麻薬漬けにされた3歳男児を悪魔の生贄にする儀式を見学させられた。#QArmyJapanFlynn

@realDonaldTrump

@GenFlynn

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

近年、アイルランド警察の調査官によって提出された国際司法裁判所の報告書によると、約800体の乳児の遺体がカトリック修道女教会の浄化槽で発見された。

遺体はバラバラにされ、首が切断されており、乳児達は悪魔教の生贄儀式に使われたものとみられている。

#QAnon

国際司法裁判所では2010年にはカトリック指導者、欧州王族メンバー、グローバルエリートらによる殺人の証言がされており、カトリック教会の地下墓地や大聖堂、軍用地、ベルギー/オランダ/スペイン/豪/英/米の森などにおいて、これら蛮行が日常的に行われてきたことが明らかになっている。

#QAnon

国際司法裁判所は、報告される第九サークル悪魔教カルトの犯罪/目撃者の数の多さに辟易している。

5人の国際判事と27人の陪審員は事件の複雑性から任期をもう一年延長させて審議にあたる。

@intheMatrixxx

@GenFlynn

#QArmyJapanFlynn

これら悪魔教儀式に参加した従業員たちには、グローバルエリートらの犯行について証言すれば恩赦が与えられ、最大で1万ユーロの謝礼が支払われる。

国際司法裁判所には450人以上の職員が勤務し、13カ国が国際裁判に参加している。

【小児性愛者と悪魔崇拝儀式】 Created by @s1oGaL3bGHjl2my@TheJTWilde@intheMatrixxx@GenFlynn “You are lightning”(J.T.Wilde)♪

小児性愛者と悪魔崇拝儀式

コメント

タイトルとURLをコピーしました