孤独とイジメ|助長するのは周囲の無関心と冷淡さ|助長する原因とは

陰謀論()なしで世界を描いてみる

#陰謀論()なしで #世界 を描いてみる】

Vol.9

#運転 していると #人格 が変わってしまう人がいます。

不必要に前方を走る車を煽ったり、#車間距離 を詰めたり、合流を #邪魔 したり…

このようなことをする人たちのほとんどは、#他人 と直接 #対面 したときにはそのように振舞いません。

#孤独 というのは人をこうした #行為 に駆り立てます。

やましいことをするとき、人は独りになろうとします。

孤独な #心 には、#魔 が差すのです。

#現代人 は孤独を抱えて生きています。

#ネット 上でも同じです。

#匿名性 をいいことに人を頭から #批判#悪口 を言ったり、煽ったりします。

#ネトウヨ などの #言葉 がありますが、そのうちの #大多数 はやはり、人と対面したとき、同じように振舞いはしないでしょう。

人は孤独な #状況 下では「#自己モニタリング機能」が働かなくなります。

人に見られていないので、人に自分がどう映っているのかが考えなくなるのです。

つまり、自分のことを #俯瞰 することができなくなります。

運転時に人格が変わるのも、これに起因します。

正確に言えば、人格が変わっているのではなく、「#本性」が露わになっているだけなのですが…

なので、普段、#ストレス を溜めていればそれを発散しようとします。

いじめられていれば誰かに #八つ当たり をしようとし、誰にも認められていなければ、#承認欲求 を満たそうと #躍起 になるのです。

#ひきこもり も社会環境がもたらした問題です。

人に接することへの #恐怖 などの様々な要因で #自分の部屋 にこもります。

ここには更なる孤独があります。

長いこと孤独の中にいると、人は他者との #心理的距離 を測れなくなります。

一歩外へ出れば #社会的迷惑行為#最悪 の場合は #犯罪 に及ぶこともあります。

昨年、神奈川県川崎市でスクールバスを待つ #児童 の列を襲った #無差別殺傷事件 で2人の児童を #殺害 した岩崎容疑者はひきこもりでした。

#実態 の話をすれば、近年、ひきこもりは #長期化#高齢化 してきており、#中高年 層(40歳以上)は100万人いるとも言われ、39歳以下のそれと比べ倍の数です。

子供の #将来#悲観 して #親 が子を殺す、または注意されたことに # #激高 して子が親を殺すという痛ましい事件 も起こっています。

また、#幼児虐待#児童虐待 にも孤独が関わっていると言われます。

#厚生労働省 の調査では、虐待死 #事案 の半数近くに #転居 経験があります。

つまり、社会生活から一家が #孤立 してしまったことが大きな要因と考えられるのです。

目黒区の5歳児 #虐待死 事件でも、千葉県野田市で起こった虐待死事件でも、家族は引っ越したばかりだったといいます。

#転居 に伴い、虐待の実態もはますます外から #把握 しづらくなるのでしょう。

また、虐待者は #嘘 をつきます。

一歩家の外に出れば、何事もないように振舞おうとします。

「私は子どもの #人権#無視 して #暴力 を振るいます」などとは、外聞が悪いから言えません。

#家庭 のことをとやかく言われる筋合いはない」と、自分の #権利 だけは #主張 します。

人の権利を奪いながら…

こうして #無垢#命 が、自分が何者であるかも知らないまま消えていきました。

一般人を装う #自己中心 的な #殺人者 たちは自分が捕まり、#法廷 に出ると#涙 するといいます。

子どもを殺す人間の涙は、何を意味するのでしょうか?

子どもの命を惜しんで泣くのでしょうか?

それとも、#自由#生活 を失おうとしている自分への #憐憫 なのでしょうか?

#うつ病 の影にも、虐待が多くあります。

グラフを見てわかる通り、#心理的虐待 が近年 #増加 しています。

一概に、増加ではなく、ただ明るみになっただけのものもあるでしょう。

しかし、この社会のあらゆる影の下で、まるで #人気のない路上#悪事 を働くかのごとく、虐待は行われています。

「人間は誰しもが #仮面 を被らなくては生きていけない」といいます。

他者との #調和 のために、被るべき仮面はあるかもしれません。

しかし、その仮面は、#悪魔 の顔を覆い隠すかもしれません。

#羊の皮 を被った #オオカミ が群れに紛れるがごとく、#人の目 を欺くかもしれません。

少なくとも、醜い #素顔 を隠すことができます。

仮面そのものに #罪過 はありませんが、だからこそ人はそれに甘んじるのではないでしょうか。

何より重要な点は、これが私たちの誰にでも起こりうるという点です。

#職業#年齢#性別#貧富の別を問わず、あらゆる人間が孤独と嘘の近くにいます。

#近代文明#世界 を広げてくれたようたように思います… しかし世界は同時に、狭くもなりました。

人は自分の目ではなく、#画面 を通して世界を眺めるようになりました。

奥行きのない、#平面 を見つめて、自分が #知恵 を手に入れたと #錯覚 します。

例えば、#インターネット を通してしか世界を見ていなければ、#情報 は偏ります。

その偏った情報から自分の #論理 で世の中を #定義 するようになります。

#実測#検証#適用 のない論理です。

#他者不在#認識世界 ですから、#不適切 な理解があっても、改めることもできません。

現実の世界でもそうです。

社会環境のサブテーマで述べてきたあらゆる孤独は、同じ理由で人の #認識 を歪めていきます。

人間は己の #弱さ 故に、自己中心的になります。

#箱庭#自由 は、人を孤独へと #誘惑 し、あらゆる孤独が私たちに #容認#共生#選択肢 を失わせていきました。

冒頭の運転の話ひとつとっても、それはすぐに分かるかと思います。

#法 には触れていないから」と人に #圧力 をかけたり、#嫌がらせ をしたり…

人間の #心理 的な #弱み に漬け込んで自分の #利益 のためにものを売りつけたり…

あるいは自分が #被害者 を装うことで人を #訴訟 にかける…

各々が自己の利益を #最大化#快適 を求めます。

#経済活動 には「#神の見えざる手」が働くといいますが、現代においては「#エゴ」が #グローバリズム の世界を #調整 しているように思います。

最大の利益を得るのはいつも #資本家 です。

それ以外、誰も #幸せ にならない #サイクル です。

最後に、社会環境をまとめる上で最も重要だと考える「#いじめ」について…

一つの #クラス を思い浮かべてみましょう。

そこに #いじめられっ子 がいるとします。

いじめは何年も続いています。

クラスの片隅に、#負のエネルギー が貯まっていきます。

やがて時が経ち、#いじめっ子 もいじめられっ子も #大人 になります。

元いじめられっ子は、#積年の恨み を、いじめっ子の子どもの #世代 に向けました。

#刃物 を持って、#小学校 に乗り込みました。

溜まりきった負のエネルギーが解き放たれ、多くの命が失われました。

元いじめられっこは #被告 となり、#世間#怒り を一身に浴び、多くの命の #代償#死刑 を宣告されました。

… この #悲劇 に対する #非 は誰にあるのでしょうか?

元いじめられっ子は、法的には紛うことなき #悪 でしょう。

しかし、彼を殺せば、#問題#根底#解決 するでしょうか?

彼に寄せられた負のエネルギーはどうなるでしょうか?

#法律 上#有罪 になった人だけが悪なのでしょうか?

法では捌けない、この大きな #殺人 を行ったのは、元いじめられっ子のクラスにいた #全ての人 ではないでしょうか?

クラスという #範囲 を社会 #全体#拡大 してみましょう。

いじめも孤独を引き起こします。

#助長 するのは周囲の #無関心#冷淡 さです。

負のエネルギーは世界の片隅に溜まります。

そして、誰かがその #餌食 となります。

#支配者 達は我関せず…

私たちは、お互いに #不必要 な殺し合いすらしているのです。

#正義 は一体どこにあるのでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました